うちの探偵がこんなに乙女なはずがない(俺の右隣には左利きの迷探偵がいます3)

作品番号 1596260
最終更新 2020/04/06

うちの探偵がこんなに乙女なはずがない(俺の右隣には左利きの迷探偵がいます3)
恋愛・青春

8ページ

総文字数/ 26,684

気まぐれなお嬢様探偵左衛門真琴。
自称美少女怪盗高橋萌乃。

二人となるべく距離を置きたいヤル気のない助手高橋優一郎が文化祭のミスコンを巡るドタバタに巻き込まれる。

「あなたが今これを読んでいるということは、わたくしはもうこの世にはいないのでしょう」

誰も死んでいないのにダイイングメッセージ?
三人の関係に新しい展開が?

今回も結局何も起こらないのに事件が解決する不思議なミステリー。
第3弾は何でもありのラブコメです。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop