薔薇と少年

作品番号 1591397
最終更新 2020/02/24

薔薇と少年
ミステリー

30ページ

総文字数/ 13,825

ランクイン履歴:総合3位 (2020/03/01)

路地裏に佇むレストランバー
『執事のシャルール』

ある夜、ふたりの警察官が訪れた。

カランカランと、いつもと同じように鳴るドアベルは、
普通ではない夜の始まりの合図だった。

「昨日の夕方から深夜にかけて、こんな花束を持った人を見かけてはいないですか?」

大学生のアルバイトのトオルと
マスター亮一の、特別な夜が幕を開ける。


*--*--*--*--*--*--*

2020/02/23

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

奥さんのおしおき、マスターに効きすぎですね。
意地が悪いわー、トオルくん。
素敵なお話でした。ありがとうございます。

2020/04/24 16:30

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

pagetop