だが剣が喋るはずがない

作品番号 1590455
最終更新 2020/02/15

だが剣が喋るはずがない
ファンタジー

8ページ

総文字数/ 20,039

未設定
あらすじ
芦屋堂馬は剣術を愛好する量産型の男子高校生。ある晩刀を持ったネジの緩そうな少女に襲われ、返り討ちにする。
 手に入れた刀を持った時、剣の声が響いてきた!
 "この娘っ子、斬ってみるか?"
 だが剣が喋るはずがない。家に帰った。
 "いや、聞こえるだろ!?なあ!"
 その日から堂馬の周りには奇っ怪な出来事が次々と降りかかる。だが剣が喋るはずがない。
 "話してるじゃん!"
 剣術伝奇ここに開幕。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop