雪明かりの街で、きみに永遠の恋をした。

作品番号 1587925
最終更新 2020/01/31

雪明かりの街で、きみに永遠の恋をした。
[原題]彼女は雪明かりが消える頃に
恋愛・青春

26ページ

総文字数/ 16,335

ランクイン履歴:総合11位 (2020/02/21)





コポコポと息を吐くたびに気泡が浮かぶ。

それはまるで生まれたての淡雪のよう。

まぶたの奥に見えた小さな灯火の中で、誰かが俺の名前を呼んでいた。


「――約束するよ」

小指を重ね合わせたあの子の顔は、凍てつく十二月の海に消えた。




\2月28日 スターツ出版・単行本で発売/

※こちらは試し読みのため一章までの公開になります。また改稿、修正前のため書籍版とは異なる部分もありますが、ご了承ください。


この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop