行き着いたのは異世界でした

作品番号 1583874
最終更新 2020/01/07

行き着いたのは異世界でした
ファンタジー

7ページ

総文字数/8,193

ランクイン履歴:総合16位 (2020/01/05)

遠藤ダリアは今年の春高校2年生になるハーフの少女だ。
16歳の誕生日プレゼントに祖母にヨーロッパの旅を企画して貰ったが、不幸にも、乗っていた列車が銃を持った集団にジャックされる。
ダリアは何とかその列車から抜け出せたが、行き着いた場所は異世界だった。
その世界は乗り物やカメラなど現在と同じ物があるのに、それら全てのエネルギー源が現世には無い不思議な石から成り立っていた。
知らない場所で途方に暮れていた所を子供だけで形成されている小さなコミュニティに拾われる。
そこで彼女はこの世界の事を学び、様々な出会いや体験をし、元の世界へ帰る方法を探す。
あらすじ
遠藤ダリアは今年の春高校2年生になるハーフの少女だ。
16歳の誕生日プレゼントに祖母に旅を企画して貰ったが、不幸にも、乗っていた列車が銃を持った集団にジャックされる。
ダリアは何とかその列車から抜け出せたが、行き着いた場所は異世界だった。
知らない場所で途方に暮れていた所を子供だけで形成されている小さなコミュニティに拾われる。
彼女は異世界で様々な出会いや体験をし、元の世界へ帰る方法を探す。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop