百貨店恋綺譚

作品番号 1581322
最終更新 2019/12/02

百貨店恋綺譚
恋愛・青春

40ページ

総文字数/31,544

ランクイン履歴:総合53位 (2019/12/01)

好きになったのは、美形の幽霊でした。

あらすじ
20世紀初頭、外国との交易で栄えた地方都市にある『星野百貨店』。
立石香代子、19歳。
憧れの百貨店の店員になって浮かれていたのも束の間、現実は毎日叱られてばかりで落ち込む日々。
そんなある日、香代子は長身の美青年、誠一郎と出会う。
誠一郎の姿は、香代子にしか見えなかった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:寿すばるさん
ネタバレ
朝ドラのような爽やかで甘い香り
内容を見る
2019/11/30 09:51

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop