今夜、きみの声が聴こえる

作品番号 1566324
最終更新 2019/07/16

今夜、きみの声が聴こえる
恋愛・青春

42ページ

総文字数/21,215

明日のことなんて、誰にもわからない。
予想もしなかった事が起きたあの日、足元から世界が崩れていった。
真っ暗闇でなにも見えなくなり、長い孤独が私を襲った。

だけど、絶望のなかでかすかに聴こえたのは、きみの声だった。 わずかに灯る明かりが、私を導いてくれたんだ。

これから話す物語に、名前はまだない。
だって私の毎日は、まだ続いていくのだから。

梅雨空のように泣く日があったとしても、空はまた青く輝く。
その青空を忘れずに、毎日を歩いていけばいい。

そう教えてくれたのは、きみでした。
あらすじ
高2の茉菜果は、身長も体重も成績もいつも平均点。
“まんなかまなか”とからかわれて以来、ずっと自信が持てずにいた。
片想いしている幼馴染・公志に彼女ができたと知った数日後、追い打ちをかけるように公志が事故で亡くなってしまう。
悲しみに暮れていると、祖母にもらった古いラジオから公志の声が聴こえ
「一緒に探し物をしてほしい」と頼まれる。
公志の探し物とはいったい…?

この作品の感想ノート

何をやっても平均という彼女にとても親近感を覚えました。私も顔は笑っていても心ではわらっていない時が少なくありません。天気に心境が例えられていてとても彼女の気持ちになりやすく、自分を彼女におきかえて読み進めていくことができました。好きな人に好きな人がいることの辛さはとても共感でき、わたしもどうしたらいんだろうと悩んでいました。そして、好きな人の死。どんどん移り変わっていくストーリーに色々渦巻く感情。とても色々な感情を読みながら与えてくれる素敵な本だと思いました

2019/08/20 19:17

いぬじゅんさんは感動する話も多いので元から好きだったんですけど、この本はとても表紙の絵が綺麗で、あらすじも私が欲しかった感動するものだったので思わず買ってしまいました!
夏休みの宿題の読書感想文もこの本で書きました!!
初めは公志の為だけに悩んでいる人を助けようとしていた茉菜果もだんだんと助けようとしている人によりそっていけている姿がとても、印象的でした
ラストがとても感動的で、この本はもう何度も読んだんですけど、何度読んでもラストでは涙を流してしまい、でも読み終わったら心がスッキリとして清々しい気持ちになります!
今は近くにいる大切な人もいつ失ってしまうか分からない、と思うと後悔しないように生きよう!と思えました。

2019/08/18 23:30

この本は表紙と、帯に書いてある「この結末は、一生忘れられない。とめどなく、涙。ラジオから聴こえたのは、もういないはずのきみの声」の言葉を見て、一目惚れで買いました。
公志が突然亡くなってしまったことにまず、茉奈果に感情移入してしまい涙を流しました。そしてその後、ラジオから公志の声が聞こえた所でも、自分がこうなったら、と置き換えて読んだら涙が溢れて止まりませんでした。それで、ラストにパワースポットのスピーカーから声が聞こえて茉奈果の前から姿を消してしまった所でも涙が止まりませんでした。でも、最後は全て本当のことがわかり、茉奈果が公志の事を改めて、優しい人だなと再確認でき、笑顔で終わったので、切ないけど、決して悲しい物語ではないなと思いました。
すごくいい作品でした!

菜の花さん
2019/08/12 20:58

この作品のかんたん感想

すべての感想数:8

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop