君は真昼に笑ってた

作品番号 1561479
最終更新 2019/07/07

君は真昼に笑ってた
恋愛・青春

2ページ

総文字数/ 1,021

私はこの感情を知らない。
いや、知りたくない。
弥生ちゃん。
私は知らないことだらけだよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
卯月 美夜(うづき みよ)

蒼井 弥生(あおい やよい)

桜庭 梓(さくらば あずさ)

山藤 仁(やまふじ じん)

―――――――――――――――――――――

「ごめんね、美夜ちゃん、私、嘘、ついてたの」
弥生ちゃんのこんな一面なんて見たくなかった。
あらすじ
体が弱くて病院にいた卯月 美夜(うづき みよ)は病院内で蒼井 弥生(あおい やよい)と出会う。話が合う彼女と親友となった。美夜の病状は良くなるのに対し弥生の病状が悪化した。そして美夜が退院をする日、弥生は美夜にあることを頼んだ。美夜は弥生のためにそれを叶えようとする。

目次

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop