その出会い、運命につき。

作品番号 1561203
最終更新 2019/06/01

その出会い、運命につき。
恋愛・青春

71ページ

総文字数/ 23,969

ランクイン履歴:総合28位 (2019/10/10)

背が高いことがコンプレックスだった私
平野つばさ(27)

今までの人生、“デカい”とか“ノッポ”とか、そういうことは言われ慣れてるんだけど

「女性が夜遅くなるのは危ないよ」
とか
「何で?そんなに大きくないでしょ?」
とか
「俺は君のことがすごく可愛くて魅力的だと思ってるんだけど」
とか

私の心をわしづかみしてくる彼
胡桃洋平さん(30)

ヤバイくらい体が反応して、血液が沸騰しそうです!

*******************

この作品は、他のサイトにも掲載しています。
あらすじ
背が高いことがコンプレックスの平野つばさが働く薬局に、つばさよりも背の高い胡桃洋平がやってきた。かっこよかったなと思っていたところ、雨の日にまさかの再会。そしてご飯を食べに行くことに。知れば知るほど彼を好きになってしまうつばさ。そんなある日、洋平と背の低い可愛らしい女性が歩いているところを偶然目撃。しかもその女性の名字も“胡桃”だった。つばさの恋はまさか不倫?!悩むつばさに洋平から次のお誘いが…。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop