神社に願いを込めて

作品番号 1557562
最終更新 2020/04/05

神社に願いを込めて
恋愛・青春

196ページ

総文字数/ 84,356

お金さえあれば、なんだって願いが叶うと思っていた。手に入らない物なんてないと思っていた。

楽しい時間も、休みも、友だちも、そして、好きな人の愛だってーーー。
あらすじ
あらすじ

裕福な家庭に生まれた、高校生の神宮願。恵まれた家庭環境のおかげてお金に困ることはなかったが、高校生にしては使いきれないお金を手にしていてお金の価値がわからなくなっていった。
ある日、願がこっそり想いを寄せていた、広瀬つぼみが転校することを学校の教壇で発表した。
願はつぼみの転校をなんとかしたい思いがあり、神社に一万円を納める。そしたら、なんでも願いをかなえてくれる、女神様が願の目の前に現れた。女神の口から一万円と引きかえに、願いをなんでもひとつかなえてあげるという、交換条件を出してきた。願はその一万円と引きかえに、好きなつぼみの転校を引き伸ばすことを決めた。だが、つぼみの転校を引き伸ばしていくうちに、願のお金はみるみる減っていく。
自分のお金が減っていく代わりに、つぼみと一日でも長く会えることをよろこんでいた願。
しかし、願のお金がなくなるときが、つぼみとほんとうの別れを意味していた。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop