粋な大阪の陰陽師はバトルが好きらしい

作品番号 1555645
最終更新 2019/04/22

粋な大阪の陰陽師はバトルが好きらしい
ファンタジー

6ページ

総文字数/36,354

「……陰陽師ってもっと雅な人やと思ってました」
「それは京都の陰陽師。俺は大阪の陰陽師。大阪人は粋やないとな」

あらすじ
あらすじ
記憶をなくした白狐が喫茶店のマスターである陰陽師に出会い、妖たちと『善行』だという陰陽師のバトルに強制参加させられる。大阪を舞台に少しずづ記憶や自身を取り戻していく。

※エブリスタ執筆応援キャンペーンに投稿している作品です

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop