言祝ぎの子 参 ー国立神役修詞高等学校ー

現代ファンタジー

三坂しほ/著
言祝ぎの子 参 ー国立神役修詞高等学校ー
作品番号
1705798
最終更新
2024/05/16
総文字数
160,569
ページ数
335ページ
ステータス
完結
いいね数
48
ランクイン履歴

総合81位(2023/09/15)

現代ファンタジー2位(2023/09/21)

ファンタジー24位(2023/09/15)

ランクイン履歴

総合81位(2023/09/15)

現代ファンタジー2位(2023/09/21)

ファンタジー24位(2023/09/15)

『言祝ぎの子』シリーズ3作目。
▶1巻はプロフィールページからどうぞ!

────双子は凶兆、生まれし赤子の呪と言祝ぎ偏りぬれば……

二十九年前、神々廻家にて双生児誕生。
長男、芽。言祝ぎのみを持ってして生まれる。
次男、薫。呪のみを持ってして生まれる。

「神々廻に双子、なんと不吉な……」
「やはり呪と言祝ぎが割れたそうな。呪は弟の方へ」
「今すぐ抹消すべきだっ」
「凶兆だ。我々の手には負えん!」

母、神々廻幸。一族の意に反し離れにて薫を育てる。

「あんな汚い言葉なんて、聞かなくていいの。貴方は素晴らしい子、貴方は尊い子。貴方は愛されている」
「僕は薫が大好きだよ!僕がずっとずっと、守ってあげるからね」

薫、芽、齢十。
母、幸逝去。享年三十七歳。

「もう嫌だ、こんな力。また誰かを傷つけるくらいなら、もう、俺を殺して……ッ」
「薫、私と一緒に来なさい。そして力の使い方を覚えなさい。一族に何も言わせないだけの力を身に付けなさい、それがお前の母親が遺した遺言だ」

七年後、空亡戦において日本神社本庁はとある重大事案を隠蔽────。

和風学園ファンタジー「言祝ぎの子」シリーズ第3弾、始動。


ランキング
部門:2位
ありがとうございます!


★他サイト先行配信作品です。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:14

三坂しほさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop