終焉告げる金色の蝶と死想の少女

作品番号 1705054
最終更新 2023/12/17

終焉告げる金色の蝶と死想の少女
あやかし・和風ファンタジー

16ページ

総文字数/ 5,851

「死を想うのは。――生きたいと想うこと、なんじゃないですか。それに、あなたには待ち人がいる。その人と約束をしたのなら帰るべきですよ。どんな人との約束でも」



《終焉を告げる金色の蝶》の都市伝説。



どうせ虚構なのだと自覚しつつも、《蝶池神社》に足を運ぶ。


蝶の池に眠る金色の蝶に願えば、望んだ終焉が訪れる、告げられるという。



終焉の幻想が今始まる。



《死想の少女》
月伽
《どこか神秘的で、胡散臭い男》
ローエン
《死呪う少年》
希石
《蒼紫の蝶》

《翠緑の蝶》



他コンテスト参加作品になります。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop