【短編】聖女となった悪女は隣国の王弟殿下に溺愛される

異世界ファンタジー

雨宮レイ./著
【短編】聖女となった悪女は隣国の王弟殿下に溺愛される
作品番号
1702392
最終更新
2023/07/18
総文字数
15,818
ページ数
1ページ
ステータス
完結
いいね数
71
ランクイン履歴

総合4位(2023/07/27)

異世界ファンタジー2位(2023/07/27)

ファンタジー2位(2023/07/27)

恋愛ファンタジー2位(2023/07/27)

ランクイン履歴

総合4位(2023/07/27)

異世界ファンタジー2位(2023/07/27)

ファンタジー2位(2023/07/27)

恋愛ファンタジー2位(2023/07/27)

『悪女』と名高い公爵令嬢ベアトリーチェ・ホルラインは、聖女であるリリアと自身の婚約者である皇太子に騙され、処刑された。
 しかし、目が覚めると──聖女・リリアになっていた!?
 自分が処刑されてから一か月後の世界では、処刑された自分の代わりにリリアが皇太子の婚約者になろうとしていた。

 絶対に思い通りにはさせない。

 主人公・ベアトリーチェは聖女・リリアの体を借りて皇太子に復讐を誓う。
 しかし、当日再会してしまったのは、かつての親友・ゼンだった。
 リリアの姿になったベアトリーチェにゼンは気づかず、少し心を痛めるベアトリーチェだが、バルコニーで出くわした際に少しだけわがままを言い、リリアとして最後の彼とのわずかな時間を過ごす。
 そこでベアトリーチェは衝撃の事実を知ることとなる。

 これは、聖女となった悪女が復讐を決め、そして隣国の王弟殿下に溺愛され幸せな未来を掴むまでの物語。



この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:93

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop