皇帝兄妹のお気に入り〜偽りの宦官と流行りの恋物語〜

後宮ファンタジー

阿須山/著
皇帝兄妹のお気に入り〜偽りの宦官と流行りの恋物語〜
作品番号
1688985
最終更新
2023/01/31
総文字数
29,264
ページ数
7ページ
ステータス
完結
いいね数
6
ランクイン履歴

総合67位(2023/02/07)

後宮ファンタジー8位(2024/04/03)

ランクイン履歴

総合67位(2023/02/07)

後宮ファンタジー8位(2024/04/03)

城下町の料理店「廉廉」の娘・緋燕は、宦官として性別を偽りながらも浥国皇妹であり幼馴染の青藍の専属料理人として後宮で働いていた。
ある日、料理の仕込みをしていると、皇帝・蒼琳に出会い、夜中に腹をすかせた蒼琳に餌付けをする日々を送ることに。
そんな中、青藍に皇帝と身分を偽った宦官の恋愛物語が出回っていると告げられる。
青藍の言葉で今まで気に留めていなかった蒼琳を意識するようになり、ひょんなことから女だと気づかれてしまい……。

むっつり皇帝陛下✕訳あり平民出身 のシンデレラストーリー。

※どうしてもこのお題で物語が書きたく、短い時間で書き上げました。
コンテスト終了後、大幅改稿の可能性があります。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:10

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop