大切なことは言葉にしないと伝わらない

作品番号 1688060
最終更新 2023/01/20

大切なことは言葉にしないと伝わらない
青春・恋愛

1ページ

総文字数/ 5,997

ランクイン履歴:

青春・恋愛:41位(2023/02/04)

神崎瑠奈は飛鳥修一のことが好き。
飛鳥修一は1歳年上の兄であり、生徒会会長、成績トップ、物静かでおとなしいけれど、しっかりものだ。
先輩にラブレターを書いて読み直していると、そこで実の弟の飛鳥修二に気持ちがバレてしまう。
飛鳥修二のほうは、ヤンチャでクラスでもいつもうるさい集団に属しており、勉強は大の苦手という印象が強い。
修一も修二も別世界の人間のように遠い存在だった。しかし、別世界だと思っていた修二と距離が近づく。

手紙より、直接告白して想いを伝えるべきだと修二との告白特訓が開始される。ただし、報酬はジュース1本程度。
修二の家に行き、勉強を教えていると修一先輩が帰宅した。修二は彼女に会いに行ってしまう。その場に二人きりになり、瑠奈に告白をするように、修二はうながす。

大切なことは大切なことは言葉にしないと伝わらない。
大切なことはなくした瞬間に気づく。
この意味を瑠奈は知る。

1万字以内の胸キュン短編。
あらすじ
神崎瑠奈は飛鳥修一のことが好き。
飛鳥修一は1歳年上の兄であり、生徒会会長、成績トップ、物静かでおとなしいけれど、しっかりものだ。
先輩にラブレターを書いて読み直していると、そこで実の弟の飛鳥修二に気持ちがバレてしまう。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop