深海の青いりんごラーメン 失恋の味

作品番号 1686902
最終更新 2023/01/22

深海の青いりんごラーメン 失恋の味
青春・恋愛

1ページ

総文字数/ 3,252

この店の常連の私はいつも無難な醤油ラーメンを注文。
実はイケメン店長に片思い中。でも、声もかけられないでいた。

しかし、そんな時に、女優がやってきて、店長のすすめる深海のりんごラーメンを美味しそうに食べた。
実は、店の特集をテレビで見てやって来たらしい。

この店には他に、
魅惑のレモンラーメンに小豆のおしるこラーメン、草原をイメージした麺にほうれん草を練り込んだ緑色スープが鮮やかな森林ラーメン、あとは、ピンクのスープの魅惑のメルヘンラーメンっていうのもある。フルーツが練り込まれているらしい。

しかし、私の目の前で女優が店長に告白する。
職人肌の店長の反応は?

※「青い海の見える店で一歩踏み出すとき」とは、登場人物は同じですが、結末が違います。
あらすじ
この店の常連の私はいつも無難な醤油ラーメンを注文。
実はイケメン店長に片思い中。でも、声もかけられないでいた。

しかし、そんな時に、女優がやってきて、店長のすすめる深海のりんごラーメンを美味しそうに食べた。
しかし、私の目の前で女優が店長に告白する。
職人肌の店長の反応は?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop