追放された姫は新たな皇帝に娶られる

作品番号 1684271
最終更新 2023/01/05

追放された姫は新たな皇帝に娶られる
後宮ファンタジー

8ページ

総文字数/ 20,990

ランクイン履歴:

総合:7位(2023/01/11)

後宮ファンタジー:1位(2023/01/04)

 初めて後宮系の作品を書きました。



 黒髪を持つ呪われた子 *銘悠*

新たなる皇帝の座についた青年 *清蘭*

「私は忌子だから……」

「お前を二度と離すものか」

 桜散る日、二人は約束を交わした。

あらすじ

 皇帝の一族の子として生まれた銘悠。
 しかし、彼女は一族とは違い、黒髪を持つことして呪われた子だと言われ、5歳で宮廷を追放された。

 それから十五年後、女房を育てるための孤児院で虐げられながら生きてきた銘悠は、突然現れた男に結婚を申し込まれる。

 それは、新たに皇帝の座についた従兄弟、清蘭だった。

「お前を一時も離さない」

 結婚という形だけだったはずが、二人はやがて惹かれあっていく。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:15

この作品をシェア

pagetop