キミは、桜の下で笑う。

作品番号 1680408
最終更新 2022/10/24

キミは、桜の下で笑う。
青春・恋愛

9ページ

総文字数/ 4,549



春。風。桜。この三つがそろうと、僕は死んだ幼なじみのことを思い出す。

小説の中でなら、いつだって幼なじみに会えるんだ。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

タイトルに惹かれて読みました。
なるほど、素敵などんでん返しに思わず泣きそうになる。余韻の残る味わいが、瑞々しい。

2022/10/20 17:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop