神守屋の裏家業は妖祓い

作品番号 1679894
最終更新 2022/10/16

神守屋の裏家業は妖祓い
あやかし・和風ファンタジー

11ページ

総文字数/ 6,927

      『神守屋』

それは、女店主がひとりで商いしている

   "御守り"を売っているお店。

  しかし神守屋とは表向きの話。

彼女の本業は、悪事を働く妖怪を退治する

   ────妖祓いだった。
あらすじ
文久3年。京の室町に「神守屋」という御守りを商売としている店があった。なんでも身代わり守りとして、持っているだけで命が助かるという噂が立っているらしい。そんな店を切り盛りする瑠璃と名乗る女。彼女は表向きでは御守りの販売を、しかし本来は悪事を働く人ならざるものを退治する妖祓いだった。古より様々な妖が集まるこの京の町。怪しげなわざを使う瑠璃に興味を持ったのは、同じく京の治安を守る新選組の各々だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop