そのノート、小説につき

作品番号 1679715
最終更新 2022/10/01

そのノート、小説につき
Tempp/著
ヒューマンドラマ

3ページ

総文字数/ 8,377

ランクイン履歴:

ヒューマンドラマ:15位(2022/10/05)

人を殺す理由に一般解なんてないよね。

あらすじ
あらすじ
授業中、暇だったから隣のやつのノートを覗き込んでドキリとした。
『僕は人を殺めたかもしれない。』
けれどもそれに続く人物名でそれが小説だと気づく。なんだと胸を撫で下ろしていたら、放課後、感想を聞かれた。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop