妖狐の花嫁〜忘れられぬ君恋しく思ふ〜

作品番号 1674553
最終更新 2022/09/10

妖狐の花嫁〜忘れられぬ君恋しく思ふ〜
あやかし・和風ファンタジー

2ページ

総文字数/ 971


女性にとっては苦界でしかないこの地。

〝吉原遊郭〟

幼い頃にある理由で両親に売られた白雪は、遊女として生きるほか道がなかった。

この苦界で幸せを掴めるのはほんの一握りでしかない。

そんな白雪に、救いの手を差し伸べてくれる方がいた。

それは〝ヒト〟であり〝ヒト〟ではない存在。

なぜならその方は〝ヒトの姿〟をした、見目麗しい妖怪だったのだから───⋯⋯。



sᴛᴀʀᴛ ➡︎ 𝟤𝟢𝟤𝟤 / 𝟢𝟪 / 𝟢𝟩

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop