虐げられた巫は言祝ぐ蛟龍のつまとなる

作品番号 1672168
最終更新 2022/07/13

虐げられた巫は言祝ぐ蛟龍のつまとなる
あやかし・和風ファンタジー

3ページ

総文字数/ 30,302

ランクイン履歴:

総合:1位(2022/07/12)

あやかし・和風ファンタジー:1位(2022/07/12)

まだ神がすぐそばで息づいていた時代。
巳の国の妓楼で働くリツは言霊の力を持ち、巫(かんなぎ)の血を引く少女だった。
疎まれ虐げられていたある日、
楼主の言いつけで巳の国の守り神である蛟龍のつまに選ばれる。
長雨や流行り病を鎮めるための贄であることに気づいたリツは、
それでも自分のいのちで民をすくうことができるなら、と湖に身を捧げ――……。

この作品のレビュー

★★★★★
互いに対する想いが美しいお話です
続きを見る

主人公の伴侶が主人公を労わってくれるのはわかっておりますが、一緒に主人公を盛大に労わりたくなります。末永くお幸せにの一言です。

2022/07/18 16:55

この作品の感想ノート

とりあえず主人公を盛大に労わりたいです。いいカップルで夫婦だと思いました。末永く幸せに、仲良しでいて欲しいです。

2022/07/18 16:52

この作品のひとこと感想

すべての感想数:71

この作品をシェア

pagetop