私の名前は小栗里奈(おぐりりな)
 高校1年生になった。
 私が通う高校、『零れ桜学園』は中高一貫。
 だから、あんまり変わったことがない。
 この学園は寮がある。
 学園の敷地が長方形と考えたら、中央に校舎があって、左側に女子寮があって、右側に男子寮がある。
 それに、この学園の近くには、ショッピングモールがあったりするから、休みの日は、生徒達が物凄く集まる。
 他の学校と違うことがあると言えば、この学園はあやかしと人間が一緒に勉強したりすること。あやかしっていうのは、世間 では、イケメンだったり、美女って言われたりする。
 その中でも特にずば抜けて人気があるのは……。
「ねぇねぇ!王子様(プリンス)よ!」                     
 学園で、プリンスなんて呼ばれている、東堂蓮(とうどうれん)。 
 凄い人気で通るだけで、花道ができるほど!
 彼はあやかしの化け狐。
 髪の色は地毛とは思えないほど、きれいな金色。
 それに、誰もが憧れる美貌の持ち主。
 さっきも紹介したけどあやかしだからイケメン。
 まあ、私は興味がないんだけど……。
 前置きはさておき、今日は高校の入学式。
「えーっと、私は何組かなー……。あった、4組かー……。」
 教室に入るとやけに騒がしかった。
 なにがあるのか……。
「まさか、あの東堂君と同じクラスなんて!」                 
 クラスメイトの女子が頬を赤くして話していた。 
 マジか…。
 私は何とも言えない感情になる。
「おはよう。みんな」
 東堂君が教室に入ってきた。
「きゃぁぁぁぁ!」
 教室が叫び声で埋め尽くされた。
 なんでこんなに叫ぶの……。
 朝っぱらから疲れる。
 別に私はカッコイイとは思っていない。
 うーん……でも、それはウソかも。
 一応はカッコイイかなって思ってるけど、クラスの子達みたいな感じではない。
「えー…これで授業終わりにします。」
 先生が言い、号令がかかる。休み時間だ。
 今は二十分休み。
 私は図書室へ行った。 
「えーっと、これも読んだし。」
 中学からこの学園にいるから、好きな本は大体読み終わっている。
「また、借りようかなー。」
 私は古典や、日本史が好き。そうやって考えていると。
「これ読む?」
 え?なになに⁉上から声がしてる!
「え?」
 上から覆いかぶさるようにしていたのは、東堂蓮だった。
「その本…」
 蓮が持っていた本は古典の本だ。中学から古典ばっかり読んでいたのに、東堂君が持ってる本は読んだことがなかった。
「こんな本あったっけ…?」
「ん?ああ、昨日入ってきた本だよ。」
 昨日?なんでこの人がそのこと知ってんの?それに私が古典好きなの知ってたの?
「そうなんだ。詳しいね。」
 私がそういうと、得意げに鼻を鳴らした。
「まあ、俺、図書委員だし、古典好きだし」
 え?今、何て?『古典好き』?絶対に聞き間違えだよね。
「あの、それ借りてもいいの?」
 読んだことない本だ。借りる以外ない。
「オッケー」
 あ、ヤバイ!チャイム鳴る!
 急いで教室に戻り、授業を受ける。