今宵、龍の花嫁になりまして〜ずたぼろ乙女は氷の龍に溺愛される〜

作品番号 1661230
最終更新 2022/03/29

今宵、龍の花嫁になりまして〜ずたぼろ乙女は氷の龍に溺愛される〜
ファンタジー

30ページ

総文字数/ 32,005

ランクイン履歴:総合1位 (2022/03/08)

あらすじ
大正と昭和の間にあった、とある時代。
ふたりは出会った。

唐紅和泉(からくれない いずみ)
ずたぼろのまま生きてきた、幸せをしらない少女。

瀧ヶ原虹治(たきがはら こうじ)
孤独に暮らす、いにしえの龍の血を引く青年。


「──弱ったな……どうやって君に触れたらいいのかわからない」
「あなたのことが怖いなんて、一度だって思ったことはありません」

龍の花嫁となった少女が幸福を掴む物語。

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:舞茸らぴさん
ネタバレ
魅力的なキャラクター達
レビューを見る

2022/02/28 20:51

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:245

この作品をシェア

pagetop