桜帝と紡ぐ恋のいろは

作品番号 1659095
最終更新 2022/01/30

桜帝と紡ぐ恋のいろは
ファンタジー

4ページ

総文字数/ 43,673

ランクイン履歴:総合1位 (2022/02/04)

凪という偽名で日々彩都の安定のために暗躍する灯結(ひゆ)は、帝との婚姻が定められていたが、突然破談にされてしまう。しかし、そんな彼女の前に現れたのは、妖しい空気を身にまとい桜が咲き誇る桜國(おうこく)を司る桜帝──静明(せいめい)だった。静明に嫁として迎え入れられ、半ば攫われる形で桜國へ向かった灯結は、人の営みを知り─
あらすじ
凪という偽名で日々彩都の安定のために暗躍する灯結(ひゆ)は、帝との婚姻が定められていたが、突然破談にされてしまう。しかし、そんな彼女の前に現れたのは、妖しい空気を身にまとい桜が咲き誇る桜國(おうこく)を司る桜帝──静明(せいめい)だった。静明に嫁として迎え入れられ、半ば攫われる形で桜國へ向かった灯結は、人の営みを知り─

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:32

この作品をシェア

pagetop