明日死ぬ「僕」と秘密の放課後

作品番号 1654340
最終更新 2021/11/30

明日死ぬ「僕」と秘密の放課後
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 18,733

「明日には、僕は死んでしまうから。最後に好きなことやろうと思って」

 そう告げた目の前の彼は、彼曰く、私のクラスメイトらしい。私には見覚えのない彼と出会ってから、秘密の放課後がはじまった。

 明日には死ぬって言ってたくせに、毎日毎日私の前に彼曰く、化けて出てくる。

「君と話せば話すほど、心が惹かれちゃってさ」
「適当なことばっかり言う」
「本心だよ」
「じゃあ、本当の名前を教えて。あなたは誰?」

 放課後だけの、短い2人の時間。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop