ヒカリノワ

作品番号 1653919
最終更新 2021/11/24

ヒカリノワ
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 8,664

あらすじ

人を好きになるという気持ちがまだ分からない女子高生・市井詩歌(いちい・しいか)は、ある日、化学室でたけとんぼを作っている同じクラスの目立たない男子・鷺沼肇(さぎぬま・はじめ)と一緒になる。
今まで関わりのなかった二人は、化学室での一時を重ねて、共に惹かれ合う。
だがそれと同時期。空には謎の『光』が現れた。
『光』はやがて世界を呑み込み始める。
世界が滅亡しようというその時、詩歌は意を決して、学校の化学室へ向かうのだった——
あらすじ
人を好きになるという気持ちがまだ分からない女子高生・市井詩歌(いちい・しいか)は、ある日、化学室でたけとんぼを作っている同じクラスの男子・鷺沼肇(さぎぬま・はじめ)と一緒になる。
今まで関わりのなかった二人は、化学室で不思議な時を重ねる。
だがそれと同時期。空には謎の『光』が現れた。
『光』はやがて世界を呑み込み始める。
世界が滅亡しようというその時、詩歌は意を決して、学校の化学室へ向かうのだった

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop