オレンジ

作品番号 1649712
最終更新 2021/10/01

オレンジ
恋愛・青春

10ページ

総文字数/ 3,399




あの頃、僕は、
謝罪をすることが恥ずかしいと思っていた。
そんな僕をキミは今でも笑う。


あらすじ
主人公の影宮悠史は小学生の頃、ドッチボールの際、女の子である高梨夏帆の顔にボールを当ててしまう。
謝ろう謝ろうと思っても月日は過ぎてゆき、謝罪できないまま中学三年生になってしまう。
このまま卒業すれば、もう一生謝罪出来ないかもしれない。そう考えた影宮悠史は高梨夏帆の机に〝ごめん〟の文字を書く。
次の日学校の登校すれば、影宮悠史の机に〝いいよ〟があって──…?

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop