落ちこぼれ研究会の暗躍

作品番号 1646837
最終更新 2021/08/28

落ちこぼれ研究会の暗躍
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 1,778

ランクイン履歴:総合89位 (2021/09/03)

私立青陽学園。
文武両道を掲げる、全国屈指の有名高。
その歴史は古く、様々な業界に偉人を輩出。

数ある部活動の中で、まことしやかに語られる噂が1つ。
「オチケン」という謎の部が存在するらしい。
活動内容は不明。もちろん部員も不明。

しかし、その噂は途切れる事なく代々語り継がれている。

それには理由がある。
「青の封筒」
ある日突然届けられるという。

かくゆう、私、湖西ルネ
今、現在、
この青の封筒を握りしめて
・・・・・・・・・・震えております。

なにこれーーーーーーー?!


あらすじ
嘘か真か、学生たちの間で語られる謎の部活。
「オチケン」
その存在は謎。

しかし、ある日。
内向的で、コミュ障な湖西ルネの元に、青い封筒が届く。

「貴女を歓迎いたします」

奇妙な招待状のような一文。
ルネは、その日を境に「オチケン」と深く関わる事となる。

ルネの代わり映えのない毎日に、大きな変化をもたらす。

良くも悪くも。
それを教えられた。
あの奈落に潜む、奇人変人の集団に。


目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop