君と紡ぐ言の葉は虹色

作品番号 1645483
最終更新 2021/08/12

君と紡ぐ言の葉は虹色
恋愛・青春

22ページ

総文字数/ 31,942

ランクイン履歴:総合50位 (2021/08/18)

学校一かっこいい斎木礼央に片思いをしている蒼井華乃は、斎木君と自分をモデルにこっそり小説を書いている。
ある日、それをクラスメイトの梶拓篤に読まれてしまい、秘密にしてもらう代わりに廃部寸前の文芸部に入部することになる。

「自分の小説を人に読まれるなんて恥ずかしい!」
そう思っていたはずなのに――。
あらすじ
「それなら、秘密にする代わりに、俺の言うことをひとつ聞いてよ。文芸部に入って欲しい」
こっそりと書いていた恋愛小説を読まれてしまい、秘密にしてもらう代わりに出された条件。
無愛想でちょっと意地悪なクラスメイトと、放課後の図書室で、二人だけの部活が始まる。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:11

この作品をシェア

pagetop