私が夢見る朝日を

作品番号 1645302
最終更新 2021/08/09

私が夢見る朝日を
恋愛・青春

31ページ

総文字数/ 114,542

 私が目を覚ました時、私は『私』ではなくなっていた――

 高校生の雪穂は、ある日病院で目を覚ます。
 雪穂は事故で植物状態になっていたが、損傷した脳を人工脳に取り換えることで、目を覚ますことができた。

 親友の琴美の助けもあって無事日常に戻った雪穂だったが、事故に遭う前の自分と今の自分が、本当に同じかどうかと不安に駆られることがあった。

 不安を胸の内に抱えながらも、雪穂は取り戻した日常の中に幸せを感じるようになる。楽しいことも、辛いことも、全部そこにあることが嬉しいと。

 そんな中、勉強の遅れに悩む雪穂は、学年一の秀才で世話焼きな男子の愁と出会う。人付き合いの苦手な雪穂だったが、しだいに心を開いていくようになった。

 琴美の勧めもあり、もっといろんなことを経験したいと望むようになる雪穂。

 できれば、たとえば、そう、恋なんていうことも。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop