今夜、きみの声が聴こえる~あの夏を忘れない~

作品番号 1642117
最終更新 2021/07/07

今夜、きみの声が聴こえる~あの夏を忘れない~
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 209

ランクイン履歴:総合66位 (2021/07/09)

□■□■□■□■□■□■□■□■

私は運命なんて信じない。

もしも、もう一度きみに会えるなら、

どんなことだってするよ。


何度でも、時間を越えて、きみに会いにいく

□■□■□■□■□■□■□■□■


「今夜、きみの声が聴こえる~あの夏を忘れない~」
スターツ出版文庫より2021年7月28日発売


あらすじ
高2の咲希は、幼馴染の奏太に想いを寄せるも、関係が壊れるのを恐れて告白できずにいた。
そんな中、奏太が突然、事故で亡くなってしまう。
彼の死を受け止められず苦しむ咲希は、導かれるように、
祖母の形見の古いラジオをつける。
すると、そこから死んだはずの奏太の声が聴こえ、気づけば事故が起きる前に時間が巻き戻っていてーー。


ラスト明かされる予想外の秘密に、涙溢れる感動、再び!

この作品の感想ノート

お久しぶりです、いぬじゅん。

〝今夜、きみの声が聴こえる~あの夏を忘れない~〟をノベマのサイトで少し読ませていただき、小説を買わせて頂こうと思いました。

ーーー私はこの前作も読ませていただきました。前作もすごく感動したし、今回も僕の好きな切ないストーリーになってるんだなぁと小説の表紙から見て伝わりました。

ーーー絶対に買います。


そして、いつもの質問なんですけど、今週の土曜日にいぬじゅんさんのサイン会が浜松市であると知ったんですけど、またサインしてもらえますか?

ーーーすいません、まだ行けるとは未定なんですけど。

2021/07/15 01:58

この作品のひとこと感想

すべての感想数:13

この作品をシェア

pagetop