夢の果てに

作品番号 1641154
最終更新 2021/06/20

夢の果てに
その他

1ページ

総文字数/ 1,681

僕は谷崎潤一郎や梶井基次郎、太宰治、それに尾崎紅葉、激動の時代を生きた作家に憧れた。その人たちの真似事をしてみようと、思う。そうして、令和の時代に生きている私が今まさに書き上げるのがこの小説だ。
あらすじ
たった一人の女さえ愛せなかった男が陥っていく負の連鎖。女に溺れ、酒やタバコに溺れ、ついには薬に手を出して堕落していく男の末路を描く。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop