後宮に咲いた桐花は   帝の手で摘み取られる

作品番号 1639416
最終更新 2021/06/23

後宮に咲いた桐花は   帝の手で摘み取られる
ファンタジー

9ページ

総文字数/ 20,873

ランクイン履歴:総合2位 (2021/06/15)


あらすじ
幼い日を近江の地で過ごした咲子は、そこで美しい少年と出会う。一度きりの逢瀬で芽生えた淡い恋心を胸に、父亡き後、都に戻った咲子は伯父の家に身を寄せる。伯母や従姉に執拗な虐めを受けるなか、従姉である慶子に入内の話が出て──

 慶子とともに瑛仁帝の後宮へと入った咲子を待ち受けていたものは──

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:27

この作品をシェア

pagetop