「いらっしゃいませ」


手紙屋の店長・望月時乃(もちづきしの)は笑顔で訪れる客を迎えていた。
漆のように黒いロングの髪の毛を緩く束ねた、ポニーテールに白Tシャツと胸元に“望月手紙店”と書かれたブラウンのエプロンドレスを合わせた時乃のコーデはどこか暖かい雰囲気に包まれている。


「この手紙を届けてもらってもいいかい?」

「はい、喜んで!」


同じく笑顔で返した年配の女性は、時乃に“秀君へ”と書かれた便箋を大事そうに手渡したのだった。