瑠璃の夜と玻璃の星

作品番号 1633887
最終更新 2021/03/31

瑠璃の夜と玻璃の星
藤和/著
歴史・時代

1ページ

総文字数/ 2,063

私は皇帝の寵愛を受けていないし求めてもいない。
ただここで星を見ていられさえそれでいい。
あらすじ
私は皇帝の寵愛を受けていないし求めてもいない。
ただここで星を見ていられさえそれでいい。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop