後宮に慧眼の娘 -偽りを曝く救世の妃-

作品番号 1632116
最終更新 2021/04/09

後宮に慧眼の娘 -偽りを曝く救世の妃-
ファンタジー

10ページ

総文字数/ 31,901

ランクイン履歴:総合3位 (2021/04/14)

あらすじ
花堯の地が五つの国に分かたれていた頃の話。

公兎龍に選ばれし公兎の娘は、その慧眼を持って天命を見極める。
公兎の娘を妃に迎えた国は、花堯を制す。

虐げられて育った燕月娥は公兎の娘として選ばれるが、公兎妃として迎えられたのは姉の燕麗陽であった。

不遇の育ちから嘘を見抜く特技を持つ月娥は、名や立場を偽った男こと陸蒼霄と出会う。
公兎妃を騙る麗陽や、腐敗していく宮城。月娥に手を差し伸べるのは……

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:54

この作品をシェア

pagetop