ごく普通の小市民のちょっとした正義感と真実の愛とあとなんだっけ

作品番号 1631276
最終更新 2021/03/03

ごく普通の小市民のちょっとした正義感と真実の愛とあとなんだっけ
ファンタジー

15ページ

総文字数/ 8,794

義務でお茶会をするのもごく当然。
そんな光景に未だなれない元社畜・現子爵令嬢のイース。
婚約者のジークは優しいけれどそれはあまり友人としての域を出ていないし、「義務」で結びつくことに申し訳なさを感じるほど。
一年後、自分がモブなだけでやはりここは乙女ゲームか何かなのでは?
公爵令嬢の断罪劇が始まろうとしたとき思わず前に出て公爵令嬢をかばってしまい…

小市民令嬢が一人で勘違いして一人でテンパって結果オーライみたいな運のいい話です。

※なろうからの転載です。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop