あなたのぬくもりを、この掌に包めるように

作品番号 1622225
最終更新 2020/11/24

あなたのぬくもりを、この掌に包めるように
イチ/著
ファンタジー

0ページ

総文字数/ 0

神さまは"感情"をもっていた。
ひとと同じだった。思いをもっていた。
悲しんだり、喜んだり、苦しんだり、
戸惑ったり、絶望したり、奮起したり
...
神さまの思いの激しさは、宇宙を割き、海を破裂させ、地中を噴火させるほど。
だから、体を持つことをやめた。

人が驚き、恐怖することはわかっていたから。
そうなると寂しかった。

そんな孤独な神さまとともにひそかに暮らすことを決めた、
少年龍と、少女ミラ、少年ブルウナ、少女ミラ。
"神様はいない"というサタンとの、時に緩く、わりと本気の、戦いの日々。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop