それから、君と明日を願えたら。

作品番号 1620547
最終更新 2022/06/23

それから、君と明日を願えたら。
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 820





君は、風の音を待っていた。

わたしは、鈴の音を聴いていた。


目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop