くすりのこと

作品番号 1611126
最終更新 2020/07/31

くすりのこと
ファンタジー

2ページ

総文字数/ 6,081

「なぁ、ピクシー」

「なんでしょう、キュウ」

「なんで人ってさ、こうも自分のために貪欲で――一瞬のために薬に縋るのだろうな」

「……それ、縋りたくなるような不思議な薬を生み出す貴方が言います? そんなこと思ってもないくせに」

「ははっ、確かに……一生俺は薬屋だからな」
あらすじ
夜が明けない裏の世界にある薬屋『奇し屋』。
そこで巻き起こる不思議な薬を求める人間と、少年のお話。

本日も『奇し屋』、世界のどこかで開店でございます。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop