君と僕の物語

作品番号 1610397
最終更新 2020/07/25

君と僕の物語
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 2,106

これは君と僕の物語。僕は君のことを忘れないよ。
あらすじ
ある町。こんな店があったんだ…と驚いた。中はとてもレトロな雰囲気で懐かしさを感じた。私は気に入り毎日のように通った。ある日、いつも座る席に先客がいた。そんなこともあるだろうと思い違う席に座ろうとしたが彼は私に話しかけてきた。確かに初めて会ったはずなのに彼はこういった「やあ、久しぶり。ちょっと僕の話を聞いてくれない?」

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop