もし、君が目覚めたなら

作品番号 1608579
最終更新 2020/11/18

もし、君が目覚めたなら
恋愛・青春

1ページ

総文字数/ 1,831

僕は童話の主人公に恋をする。

あらすじ
大学四年生の春、僕はカエデに出会った。カエデは僕と同じ年に大学に入学したが病気のせいで大学に来れなかったと言う。「私、童話の主人公なの」初めて会った日にカエデは僕にそう言った。これは、僕とカエデの百万分の一の奇跡のストーリー

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop