遅刻しすぎのロマンチック

作品番号 1605747
最終更新 2020/06/21

遅刻しすぎのロマンチック
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 11,332

ランクイン履歴:総合16位 (2020/06/30)

「今夜一晩付き合ったら……わかってるね?」

 耳元で囁かれた言葉に、私はなけなしの勇気を総動員して頷いた。

「後悔は残したくないの」

――だってこれを逃したら、死んでも死にきれない!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

イケメン陰陽師×恋人との素敵な一夜に憧れる幽霊の、
ロマンチック(?)な一夜の過ちラブコメディ!
あらすじ
突然目の前に現れた超絶イケメン。彼は何と、私の最後の恋人になってくれるという。
嘘みたいな職業と名前と家を持つプレイボーイとベッドインしたまでは良いが、私は死んでも直らないレベルの不器用女で……。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop