俺は一人ぼっちである

作品番号 1596550
最終更新 2020/04/26

俺は一人ぼっちである
恋愛・青春

5ページ

総文字数/ 1,263

俺は一人ぼっちだ。いつも何時でもボッチである
高校生になった俺「青木健也」は、潮風高等学校に入学して、友達を作ろうと思った。

だが、現実は甘くない「俺ガ〇ル」みたいな部活がある訳でもないし、女子が苦手な俺に何が残るというのだろうか…
「否・何も残らない」(大きく)

この話は俺が、俺たちが紡ぐ恋愛ラノベである






あとがき
今回初投稿した莉弥411です(名前は変えるのめんどくさくて変えてません)これからは少し間を開けて書いていこうと思います。何かこうして欲しいなどの要望があればTwitterまで莉弥で出ると思います(読み方はりいやです)
あらすじ
青木健也は学校でボッチである。
特徴も無ければ、得意なことも無い、そんな彼が
とある事から、担任に目をつけられ
「生徒会」に入れられてしまう

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop