僕の彼女が【自称】守護霊になりました。

作品番号 1593240
最終更新 2020/03/12

僕の彼女が【自称】守護霊になりました。
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 2,030

ランクイン履歴:総合86位 (2020/08/24)

未設定
あらすじ
 つかさは冬華を、恋人を交通事故で亡くしてしまう。
 
つかさが部屋で悲しみに暮れているとき、そこに幽霊として彼女は帰ってくる。
彼女は自分はつかさの守護霊としてやってきた、という。

しかし、本当は彼女は普通の幽霊であり、成仏ができなくて、つかさの元へやってきた。
成仏するためにはただ一つ。
彼女がこの世の心残りをなくすこと。
彼女の心残りとは、つかさが幸せになること、だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop