君はもう、熱い涙を流さなくていいんだよ。

作品番号 1592989
最終更新 2021/03/10

君はもう、熱い涙を流さなくていいんだよ。
恋愛・青春

11ページ

総文字数/ 3,059

ぬれた瞳から、熱い涙が溢れ出る。
それは、彼女が愛されていない証拠でもあった。


いつか伝えてやりたい。


君はもう、熱い涙を流さなくていいんだよ、と。


君は、1人で泣くな。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

pagetop