さよなら幻想病

作品番号 1572775
最終更新 2019/09/15

さよなら幻想病
ファンタジー

1ページ

総文字数/1,723

ランクイン履歴:総合18位 (2019/09/25)

‐幻想病‐


それは、私が神様からさずかったたった一つの呪い。

そして、生まれてこのかた私の元から離れたことは一度もない。

この病のせいで、私はとても苦しんだ。

なんで、こんな病にかかってしまった?

早く、なくなってしまえばいいのに。





「ファンタジーx恋愛」
のような形式になっています。
一人称(一部三人称)視点です。

「幻想病」というのはあくまで造語なので、存在しない病気となっています。

↓以下登場人物設定(随時更新)


<小鳥遊 紗織(たかなし さおり)>

夢見がちで能天気、元気いっぱいな中学3年生(物語現在)
見た目は文句なし、頭は良くないがそこも萌えるらしく男子からは大人気(本人は気づいていない)
ある日突然、幻想病にかかる。
過去のとあるトラウマに触れられると性格急変。



<小鳥遊 和美(たかなしかずみ)>

紗織の妹、小学6年生(物語現在)
イケメンな男子、クラスメイト、先生などの前では猫をかぶる。
親にも媚びを売ってほしいものをよく買ってもらう。
紗織には強気で、生意気。
紗織に負けないほどの可愛さ、実は少しライバル視している。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop