キミへの想いは、この声で。

作品番号 1572147
最終更新 2020/02/12

キミへの想いは、この声で。
恋愛・青春

101ページ

総文字数/34,504


「俺、川島颯太! これから、よろしくな!」


私に声をかけてくれたのは、

太陽みたいな男の子でした──。

*
.
.

人見知りで口下手な女の子。
ある理由から、声が出なくなってしまった。

佐藤 茜 (さとう あかね)

×

明るくて、元気いっぱいな男の子。
フレンドリーな性格。

川島 颯太 (かわしま そうた)

*
.
.

「茜って言うの?」


「俺と友達になろうよ」


「俺、茜の笑った顔が一番好きだよ」


もう一度、信じる勇気を与えてくれたのは、

いつもそばにいてくれたキミだった──。


*.


「本当のことを今から話すから聞いてほしい」


私に真実を教えてくれたのも、

いつもそばにいてくれたキミでした──。







【キミへの想いは、この声で。】


2019.8.28 start



※野いちごでも公開しておりますが、こちらは加筆修正が行われたものとなっておりますので、若干ストーリーが変わっています。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop